平成25年度行政書士試験講評

フラッグ行政書士講座 平成25年度行政書士試験講評

 
皆さんこんにちは、フラッグ行政書士講座です。

 今日は、平成25年度行政書士本試験についての講評をしてみたいと思います

 まず、全体的な印象としては、標準的な問題が多かったという印象ですね。

 これは良いこと、だって、努力が報われやすいからですよ。

 憲法ですが、3〜4問は、正解してほしいですね。

 行政法は、8割程度は得点できるのではないでしょうか・・・

 去年と同様に、最近の判例が使われていましたね。

 今後もこの傾向が続くのでしょうか?

 ところで、相変わらず・・・訴訟要件の判例出題されませんね・・・

 もっとも、記述では出題されていましたがね。

 まぁ〜基本判例の勉強はしないといけないのでしょう。

 民法は、最近では珍しく、基本的な問題が多かったという印象です。

 8問くらいいけた方多かったのではないでしょうか。

 続いて、記述式ですが、基本的な問題でしたね。

 良いことです。しかっり書けた方も多かったのではないでしょうか??

 最後に、一般知識です。

 正直・・・ちょっとひどいなぁ〜〜〜〜と、思います。

 文章理解は全問正解として、残り3問・・・

 54問と56問は、正解しないとね。

 後は、47問と48問のいずれかを正解して、ぎりぎりセーフという感じですかね。

 やはり、今年の一般知識は、足切りの危険が・・・やや高かったかなと思います

 フラッグの講座も、オプション考えます。

 それではまたお会いしましょう。

 フラッグ行政書士講座でした。



 
 
 
 

▲ページトップへ
Home / ご挨拶 / サービス案内 / Movie / Company / Link / Infomation / Sitemap