行政書士について                       

フラッグ行政書士講座 行政書士とは


 ::: 行政書士とは? :::
 
 行政書士とは、行政書士法に基づき、許可申請書類等、官公署に提出する書類およびそれにかかわる権利義務、事実証明に関する書類の作成、並びに提出手続きの代理などを業とする国家資格者です。
行政書士は昔は官公署に提出する書類を代書する代書人のイメージが強く、またそれらの業務を行うものが多かったが、現在では代書の域を超え日常の法規相談や法的代理といった法務サービスに任ずるまちの法律家であると評価されつつある。

::: 行政書士の主な業務 :: 
行政書士が行える業務には大きく1、法定業務と2法定外業務に分類される。法定業務には独占業務と非独占業務に分類される

@独占業務とは他人の依頼を受け報酬を受けて行う以下の業務である。
 ・官公署に提出する書類の作成
・権利義務に関する書類
・事実証明に関する書類
・実地調査に基づく図面等

A非独占業務
・官公署に提出する書類の提出の代理
・官公署に提出する書類にかかる許認可に関して行われる聴聞手続き、弁明の機会の付与手続き、その他の意見陳述手続き
・行政書士が作成できる契約その他に関する書類を代理人として作成すること
・行政書士が作成できる書類の作成について相談に応じること
 官公署に提出する書類の例

建設業許可申請書
  宅地建物取引業免許申請書
  飲食店営業許可申請書
  風俗営業許可申請書
  農地転用許可申請書
  永住許可申請書
  帰化許可申請書
  車庫証明申請
  自動車登録
  一般貨物運送事業
  一般旅客運送事業

権利義務に関する書類
  不動産売買契約書
  遺産分割協議書
  定款
  示談書

事実証明に関する書類
  内容証明郵便
  株主総会議事録
  財務諸表(貸借対照表、損益計算書)
  交通事故調査書

実地調査にもとづく図面等

行政書士は官公署に提出する書類のうち、他の士業(税理士、司法書士、等)の独占業務以外の書類は全て行政書士業務となるため、その種類は1万種類とも2万種類ともいわれております。
::: 行政書士試験について :::
 
 受験資格に制限はありません。
試験は11月第2日曜日に、総務大臣が定め都道府県知事が財団法人行政書士試験研究センターに委託して全国47都道府県で行われています。
試験科目は、業務に関する法令として憲法、民法、行政法、商法、基礎法学があり、業務に関する一般知識として政治・経済・社会、情報通信・個人情報保護、文章理解がある。また、平成17年度まで試験科目であった行政書士法、戸籍法、住民基本台帳法、労働法、税法等も一般知識として出題され得る、としている。試験問題は、毎年度4月1日現在施行の法律に準拠して出題される。
合格基準は、全体で60%以上の得点をしつつ、法令科目で50%、一般知識で40%の得点をしていることである。ただし、問題の難易度により、補正的措置が採られることがある


▲ページトップへ
Home / ご挨拶 / サービス案内 / Movie / Company / Link / Infomation / Sitemap