利用規約                  フラッグ行政書士講座           


 

1章 フラッグ会員用ホームページ利用規約の適用について

 

1条 フラッグ会員用ホームページ利用規約(以下「本利用規約」といいます)は、一般社団法人フラッグ(以下「フラッグ」といいます)が運営者として提供する行政書士試験対策ネット講座配信サイト(以下「本サイト」といいます)に関するサービス(以下「本サービス」といいます)の全部又は一部を利用する場合に適用されます。

 

2条 本サービスの利用者(以下「利用者」といいます)は、本利用規約にご同意いただく手続に代えて、実際にご利用いただくことでご同意いただいたものとして取り扱います。

 

 2章 利用規約の改定について

 

3条 本利用規約は、フラッグの判断により、利用者の承諾を得ず、また、利用者に通知及び予告することなく改定することがあります。

 

4条 改定後の規約は、本サイト上に表示した時点より、効力を生じるものとします。

 

 3章 個人情報の取り扱いについて

 

5 フラッグは、利用者の個人情報について、各種法令に従い、適正に取り扱うこととします。

 

 4章 サービス内容の変更並びにサービスの提供の中止、中断について

 

6条 フラッグは、運営上、サービス内容の変更が必要であると判断した場合、利用者に対し、事前に通知又は予告することなくサービス内容の変更をできるものとします。

 

7条 フラッグは、次のいずれかに該当する場合、サービスの提供の中止をできるものとします。

1.天変地異、戦争、暴動その他これらに類似する非常事態により、サービスの提供が永続的にできなくなった場合。

2.その他、運営上又は技術上において、フラッグがサービスの提供の中止を必要と判断した場合。

 

8条 フラッグは、次のいずれかに該当する場合、サービスを一時的に中断できるものとします。

1.本サービスのシステムの保守を定期的に又は緊急に行う場合。

2.本サービス用設備に障害が発生した場合。

3.登録電気通信事業者の提供する電気通信役務に起因して電気通信サービスの利用が不能等になった場合。

4.天変地異、戦争、暴動その他これらに類似する非常事態により、サービスの提供が一時的に出来なくなった場合。

5.その他、フラッグが、運営上又は技術上において、サービスの一時的中断を必要と判断した場合。

 

9条 フラッグは、前二条の規定により、サービスの中止及び中断する場合は、あらかじめその旨を利用者に通知又は予告するものとします。ただし、緊急を要する等のやむを得ない事情がある場合は、この限りではありません。

 

 5章 禁止事項について

 

10条 利用者は、本サービスを利用して、故意又は過失を問わず次の各項に該当すると判断する行為をすることを禁止します。また、禁止行為を行った場合は、事前の告知なく該当箇所の削除・編集、本サービスの利用停止及び会員資格の剥奪を行うことがあります。

1.フラッグの知的財産権若しくは財産権若しくはプライバシー若しくはその他の権利を侵害する行為又は侵害する恐れのある行為。

2.法令に反する行為又はその恐れのある行為。

3.公序良俗に反する行為又はその恐れのある行為。

4.フラッグの承諾なく、営利を目的として、広告、宣伝又は勧誘をする行為。

5.コンピュータウィルス等の有害なプログラム等を使用、提供、又はその場所へ誘導する行為。

6.その他フラッグが合理的な理由に基づき不適切であると判断する行為。

 

 6章 著作権

 

11条 本サイトに掲載するコンテンツの著作権は、原則としてフラッグに帰属します。ただし、本サイト内におけるフラッグ以外の著作物を転載又は引用等をしているものについては、原著作者に帰属します。

 

 7章 免責事項

 

12条 フラッグは、サービス内容の変更並びにサービスの中止及び中断をした場合に、利用者又は第三者が損害を被ったとしても、一切の責任を負わないものとします。

 

13条 フラッグは、本サイトのご利用に起因するソフトウェア、ハードウェア上の事故、ご利用者間又はご利用者と第三者の間において生じたトラブル及びその他の事故等によるすべての損害について、一切の法的な責任を負わないものとします。

 

14条 フラッグは、そのコンテンツの内容等については、できるだけ正確を期すようにしていますが、コンテンツの内容、プログラム、各種サービス及びその他ホームページに関するすべての事項について、その完全性、正確性、有用性及び本サイトへの合目的性を保証するものではなく、これらを調査する義務を一切負わないものとします。

また、利用者が本サイトのサービスの利用を通じて得た情報等の正確性、特定の目的への適合性等について、一切の責任を負わないものとします。

 

 8章 会員について

 

(受講とは)

15条 本規約において、受講とは、フラッグが提供するサービスをご利用いただくことができる資格です。

 

(受講料)

16条 新規に入会する場合の受講料は、ホームページ上に公開いたします。ご確認の上お申し込みください。

 

(更新会員登録料)

17条 既に入会している会員は、当該年度の12月から翌年の2月末日までの間に、会員更新の申し込みをした上で、更新料をお振込みすることで、会員資格を更新することができます。なお、当該期間に更新会員手続きをとらなかった場合は、自動的に更新資格を失い、それ以降に会員登録するときは、新規会員登録としての入会手続きが必要となります。

 

(受講登録料の改正)

18条 新規受講登録料は毎年度11月に見直します。価格改正があった場合はすみやかにホームページにて公開いたします。

 

(受講資格の有効期間)

19条 受講資格の有効期間は、登録手続きの完了等を通知した日から、直近の行政書士試験日を経た後の11月15日迄とします。

 

(お申し込み及びお支払い方法)

20条 本サイト所定の受講登録お申し込みフォームから、必要事項を記入の上、新規登録の申し込みをし、第十六条又は第十七条に規定する受講料をフラッグが指定する口座にお振込みしてください。または、カードによりご決済ください。

 

(受講登録契約の成立)

21条 フラッグが、前条のお振込みを確認した後、メールにて、受講登録の完了パスワード等を通知することで、受講登録契約が成立したものとします。

 

(パスワードの管理責任等)

22条 受講資格は、契約した本人のみが利用できる資格であり、いかなる事情があっても、会員資格、パスワード等を第三者に譲渡、貸借、質権の設定又はその他の担保に供する等の行為はできないものとします。

 

23条 受講者は、パスワード等が第三者に流用されることのないように、その管理について一切の責任を負うものとします。なお、これらの情報を失念した場合及び流出させてしまった場合は、すみやかにその旨をフラッグに届け出るものとします。

 

(受講登録の不承認)

24条 フラッグは、次の事由がある場合、受講登録の申し込みをお断りすることがあります。

1.運営上及びシステム上の許容利用者数の観点から、それ以上受講人数を増やすことができなくなった場合。

2.その他、申込者の受講登録を承認することが、不適切であるとフラッグが判断する場合。

 

(クーリングオフ)

25条 当サイトはクーリングオフ対象外となっておりますが、特別な事情がある場合はフラッグ事務局までご相談ください。

 

 

 9章 紛争処理について

 

27条 本サービスに関連して、フラッグと利用者で紛争が生じた場合には、準拠法は日本法とし、当事者間において誠意を持って協議の上、解決に努めるものとします。

 

28条 協議をしても解決しない場合の訴訟については、フラッグ事務局を管轄する地方裁判所又は簡易裁判所を第一審の専属管轄裁判所とします。


 
▲ページトップへ
Home / ご挨拶 / サービス案内 / Movie / Company / Link / Infomation / Sitemap